よくあるご質問

FAQ
  • HOME
  • よくある質問

よくあるご質問

機器リースとレンタルの違いは何ですか?
機器リースは、お客さまが希望される機器をリース会社が代わりに購入し、お客さま専用の機器として長期間お貸しするシステムです。
レンタルは、レンタル会社の在庫の中から、短期間貸し出しするシステムです。
どのような機器をリースできますか?
情報通信機器・事務用機器・介護機器・医療機器・産業機械・工作機械・土木建設機械・輸送用機器など、動産のほとんどがリースの対象となります。
ただし、建物・建物付属設備および構築物などについては原則対象外となります。
リース料には何が含まれますか?
リース料には、物件取得価額・固定資産税・動産総合保険等が含まれます。リース料総額をリース期間(契約月数)で均等に割ったものが「月額リース料」です。
機器のリース期間はどのように設定されるのですか?
お客様のご希望に合わせた期間を設定できます。
ただし、ファイナンスリースは税務上、機器の法定耐用年数の70%~120%(法定耐用年数が10年以上の場合は60%~120%)の年数が、適正なリース期間と定められています。
リース期間の途中で解約することはできますか?
原則として、中途解約はできません。
ただし、やむを得ない事情の場合には、中途解約金をお支払いただくことで解約することになります。
詳細につきましては、当社までお問い合わせください。
自動車リースとはどういったものですか?
自動車リースとは、お客さまが希望される車をリース会社が代わりに購入し、月々一定の料金で一定期間お貸しするシステムです。お客さまは、車を「所有しているのと同じように」ご使用いただけます。
自動車リースとレンタカーの違いは何ですか?
自動車リースは、グレード・オプション等お客さまのご要望どおりの車を、お客さま専用の車として長期間お貸しするシステムです。
レンタカーは、レンタカー会社の在庫の中から、短期間貸し出しするシステムです。
リースと購入の違いは何ですか?
リースは、自動車の所有権はリース会社にあり、メンテナンスリースの場合は車の維持管理は全てリース会社が行います。購入は、自動車の所有権はお客さま(割賦期間中は留保)となり、車両の維持管理に関する業務は全てお客さまにて実施します。
どのような車をリースできますか?
全メーカーの全車種・あらゆる用途の車両をお取り扱いしております。乗用車・バス・トラック・特殊車両・バイク等なんでもご相談ください。
中古車はリースできますか?
中古車もリース可能です。まずは当社までお問い合わせください。

サービスサイト

オフィシャルサイト