テレマティクスサービス

通信やGPS機能を備えた車載器によって、車両の走行状況や位置・ルートなどの動態データを記録。
車両ごと運転者ごとの情報を「見える化」します。

企業の皆さまの業務効率化と安全運転をすすめます

パナソニックの「DRIVERBOSS」を活用した、クラウド型のテレマティクスサービスをご提供。
日々の運行データをクラウド上に蓄積し、様々な業務内容を「見える化」します。

DRIVEBOSSとは

高精度なカーナビゲーションを利用した多機能車両管理システムです。
車両ごと運転者ごとにその日の運行情報を詳細に見やすくレポートでき、
業務の効率化・運行管理の負担軽減・安全運転の推進などを強力にサポートします。

DRIVEBOSSのメリット

DRIVEBOSSを活用することで、社用車に関する様々な課題を解決します。

クルマ+DRIVEBOSSをリース

クルマとDRIVEBOSSのリースをセットでお客さまへご提供します。

DRIVEBOSSの便利な機能

DRIVEBOSSの機能の一部をご紹介します。

訪問先リスト・メッセージ送信で、迅速な対応、業務効率化を支援

管理者からドライバーごとに訪問先リストの送信ができ、ルートはリスト順に自動で設定されます。
また、個別にメッセージの送信もできるので、行先の変更など急な事態にも迅速に対応することができ、業務効率化につながります。

その日の運行記録で、面倒な日報もラクラク作成

書くのが面倒で時間もかかっていた日報作成が、DRIVEBOSSで一気に楽になります。
その日の配送先・点検サービス先・営業訪問先などが、時刻と住所・社名(登録済みの場合)で表示された一覧表で出力されるので、日報作成の手順が大きく軽減されます。

ナビの業務ボタンをカスタマイズ

車両に搭載したカーナビのタッチパネル画面には、これから行う業務を選ぶための業務メニュー画面があります。
このメニューに表示する業務ステータスボタンは、パソコンから業種や業務内容に合わせて業務名称を設定できます。

運転時にIDを入力、運転者を識別

カーナビは独自のID入力により、それ以降の運転者を識別してデータを作成します。SDカードを使用する場合、運転者が変わっても1枚のSDカードを共有できます。

燃費意識向上とエコ運転推進で、燃料費の節減に貢献

車両別月報で車両ごとの走行距離や燃費変化などがわかります。エコ運転の評価もあるため、燃費意識が向上し、燃費の節減効果が期待できます。

速度超過、急加速を音声で警告

速度超過・急加速・長時間のアイドリングを、カーナビ上の警告表示と警告音でドライバーにお知らせします。警告レベルは管理ソフトで設定できます。

安全運転マインドを競うムードづくりで事故を抑制

各ドライバーのその日の運転状況と安全の評価が示されたレポートを配布することで、ドライバー間の比較による安全運転の意識向上が進みます。また、安全運転が浸透することで交通事故の発生率が低下し、自動車保険の保険料を軽減化できる可能性があります。

※導入の検討やご相談は、当社「九州自動車リース」まで、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・サポート情報

このサービスについてのお問い合わせはこちら

メール

下記のページよりお問い合わせください。

電話

営業部
092-431-4392
(8:40~17:30 土・日・祝除く)

よくあるご質問

下記のページにてよくあるご質問をまとめています。お問い合わせ前にご覧ください。

サービスサイト

オフィシャルサイト